信用情報を開示すると審査に不利になるのか
悩みがある人

・照会をした履歴が残ると審査に不利になるのか
・信用情報開示のやり方が分からない
・開示報告書の見方が分からない

このような悩みは、この記事を読めば解決します。

これからクレジットカードやローンの審査を受けようと思っている人や、すでに審査に落ちた人は自分の信用情報がどうなっているか気になることでしょう。

審査に通らない人はもしかしたらブラックリストになっている可能性もあります。それともうひとつ、こんな不安をよく耳にします。

「信用情報を自分でチェックすると記録が残って審査で不利になるって聞いたんだけど…」

信用情報開示の本人申告制度にそんなデメリットが本当にあるのか気になりますよね。

そんな悩みを抱えている人のために「開示に関しての信用情報機関3社の回答」「信用情報開示のやり方」について説明していきます。

記事を読み終えたら、信用情報を開示しても審査に不利にならないことが分かります。

「時間がないから審査のゆるいカードローンを今すぐ教えて」という人は消費者金融セントラルへどうぞ。

信用情報を開示すると審査に不利になるのか

あなたが一番気にしているのはこれですね。ネット上には誤った情報も多いので、心配になりますよね。

でも大丈夫です。

信用情報開示請求をして審査に不利になることはありません。住宅ローンやクレジットカード、カードローンやキャッシング、どれも審査には全く影響はありません。断言します。

その根拠について説明していきます。

CICの公式回答:利用記録は金融機関には教えない

CICは主にクレジットカード会社が登録している個人信用情報機関です。クレジットカードやオリコなどの信販系でキャッシングしている人はCICで開示請求をしてください。

注意が必要なのが、アコムやアイフルといった一部の消費者金融はCICに登録をしているということ。

自分の利用している金融機関がどの信用情報機関に登録されているのか、チェックしていたほうがいいです。

では、CICの信用情報開示請求についての公式回答についてです。
CICは本人が開示請求したことを金融機関に伝えない
(参考:信用情報機関CIC

赤枠を見て頂けると分かると思います。

「利用記録はお客様へは開示するけど、本人が開示したことを会員各社(金融機関)には教えませんので、審査に利用されることはありません。」

少し分かりやすくまとめるとこのような意味です。

JICCの公式回答:開示請求しても金融機関が知ることはない

JICCは主に消費者金融が登録している個人信用情報機関です。消費者金融のカードローンやキャッシングを利用している人はJICCで開示請求をする必要があります。

一部の銀行、信販会社や保証会社も登録しています。みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天カード、セディナなど。

信用情報開示請求に関してJICCの公式回答はこちら。

JICCは本人が開示請求したことを金融機関に伝えない

(参考:信用情報機関JICC

赤枠に書いてある通り、「あなたが開示請求しても金融機関には知らせません」と書いてありますね。

KSCの公式回答:開示請求しても金融機関に回答しない

KSCは主に銀行が登録している個人信用情報機関です。銀行のカードローンやキャッシング、クレジットカードを利用している人はKSCで開示請求をする必要があります。

農協や信用組合、信用金庫やジェーシービーカードなど一部のカード会社も登録されています。

信用情報開示請求に関してKSCの公式回答はこちら。

KSCは本人が開示請求したことを金融機関に伝えない

(参考:全国銀行協会

赤枠に書いてある通り、「あなたが開示しても金融機関には知らせません」と書いてありますね。

信用情報開示にかかるお金はいくら?

信用情報を開示するデメリットはないことが分かって頂けたと思います。

ひとつだけデメリットを上げるとするなら、各信用情報機関に開示するためのお金がかかることです。

  • 株式会社シーアイシー(CIC):500円~1000円
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC):500円~1000円
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC):1000円 ※郵送のみ

3社すべてに開示請求をすると最大で3000円かかります。

銀行カードローンなど銀行系を全く利用していない限り、多重債務者の人は3社に開示請求することになるでしょう。これが最大のデメリットかもしれません。

信用情報開示のメリット

信用情報開示についてデメリットの説明をしたのでメリットもしておきます。

一番のメリットは自分の信用情報がどうなっているか分かることです。自分の信用情報が分かれば審査対策も立てられますから。

信用情報開示におすすめな人はこんな人です。

  • カードローンなど審査が不安な人
  • ブラックリストかもしれない人
  • 住宅ローンに申し込む予定がある人

信用情報開示した方がいい人①カードローンなど審査が不安な人

年収が低い、勤務年数が少ないなど、審査に自信のない人は自分の信用情報は見ておいたほうがいいです。

特に、すでにカードローンやクレジットカードの審査落ちした人は審査に落ちた原因が分かる可能性があります。というかある程度分かります。

開示報告書の見方はのちほど説明します。

審査基準やいつまでブラックリストなのか知りたい人は、「カードローン審査通らない理由|審査に通る方法とブラックリストの解説」を読んでください。

信用情報開示した方がいい人②ブラックリストかもしれない人

過去に支払滞納や自己破産などの債務整理をした人は、必ず自分の信用情報は見ておくべきです。

現在ブラックリストだとほぼ審査落ち確定ですので、ムダな申し込みをやめることができます。

過去に自己破産をしていても10年たてば金融事故情報は消えます。そういったブラックリストの原因をチェックしてみましょう。

信用情報開示した方がいい人③住宅ローンに申し込む予定がある人

マイホーム購入をした人は経験があるかもしれませんが、不動産屋で住宅ローンの相談をするとこのように言われることがあります。

「住宅ローンの審査が不安なら先に信用情報開示してみましょう」

不動産屋からすると「住宅ローンの審査に通りそうか」ということを確認したいわけです。それに住宅ローンに通すための対策も考えられますから。

ちなみに信用情報開示して審査に不利になるなら不動産屋は絶対にしません。家売りたいので。

現在カードローンを利用していると住宅ローンの審査では不利になります。特に何社も利用しているような状態ではほぼ審査に通りません。

住宅ローンに申し込むのはカードローンをすべて解約してからにしてください。

現在複数の借り入れがある人は、おまとめローンで低金利でまとめて早く返済してしまいましょう。

CICで情報開示する方法

信用情報開示のメリットも説明しましたので、次はCICで情報開示請求する流れを説明します。

原則としてインターネット(パソコン・スマートフォンや携帯電話)、郵送、窓口より申し込みの方法を選ぶことができます。

ここでは、スマホでの開示請求の手続きの流れを説明します。

cicでの情報開示方法(スマホ)

STEP①ご利用前の確認

利用規約と注意事項を確認します。

料金はクレジットカード引き落としですが、利用可能なカードの数が意外と少ないです。それに家族カードも使えませんので確認しておいたほうがいいです。

クレジットカードやデビットカードがない人は郵送か窓口で開示請求をしてください。

STEP②受付番号の取得

スマートフォンでのcic開示請求の流れ

クレジットカード会社などに届け出があり、CICに登録されている電話番号から受付番号を取得する必要があります。

それ以外の電話からかけた場合でも受付番号は取得できます。ですが、その番号で手続きをすると正しい開示報告書が回答されません。

受付番号を取得してから1時間以内に、開示報告書の表示操作まで行う必要があります。受付番号を書くためにメモを準備しておきましょう。

STEP③お客様情報の入力

CIC開示請求(お客様情報の入力)
こちらはPCから申し込んだ場合の画面ですが、スマホでもほぼ同じです。

あとは入力していけばいいのですが、端末のバージョンが対応していないと下記のようなエラーメッセージが出ることがあります。

【E1067】 お客様がお使いの端末では信用情報を表示することができません。
以下の端末をご利用いただき本ページへアクセス下さい。
【PC】Internet Explorer11,Microsoft Edge
【スマートフォン】Android5.0以降,IOS7.0.6以降

STEP④開示報告書の表示

信用情報開示報告書の表示ページに異動したら、開示報告書をダウンロードすれば完了です。

開示報告書(PDFファイル)を「開く」、または「保存」します。

開示報告書はPDFファイルです。PDFファイルが開けない場合は、PDFを見るためのソフトウェアがインストールされていないケースもあります。「Adobe Acrobat Reader」をインストールしてください。データが重たいのでWi-Fi環境をおすすめします。

開示報告書のどこをチェックすればいいのか

CICの「信用情報開示報告書の見方」を見れば分かりますが、ここだけは要チェックというところをお伝えします。

CIC開示報告書の見方

異動はブラックリストの証

赤枠で囲ったDのところに「異動」という文字が書いてあります。異動と書かれていれば金融機関からブラックリストと判断されます。ブラックリストの証です。

支払滞納(延滞)、自己破産や任意整理などの債務整理、保証会社の代位弁済などで「異動」と書かれます。

「異動」と書かれていなくても、半年以内に申し込んだデータが3件以上残っているなら申し込みブラックと判断されて、審査落ちの原因になることもあります。

クレジットヒストリー(クレヒス)に注意

赤枠で囲ったEのところに[A]が5つ並んでいます。[A]というのは滞納したというマークです。ここでは5か月滞納が続いたということが分かります。

この入金状況はクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれており、特にクレジットカード会社が審査で必ずチェックする項目です。

[A]が3つ並ぶと「異動」と書かれるのでブラックリストになりますが、[A]が2つの時は「異動」と書かれないケースがあります。1つだと書かれません。

「異動」とは書かれていませんが、[A]があると他社の支払いを滞納してるのでクレジットカードの審査では不利になります。CICをチェックする消費者金融の場合も同様です。

CICクレヒス入金状況の解説
[P]と[A]がブラック情報と考えてください。

入金状況のマークですが、1か月ごとに一番右側のマークが消えます。もし滞納した場合は24か月たてば[A]を一番右に追いやり消すことができます。

ブラックリストを消す方法はあるのか?

結論から言いますが、登録されていることが事実であるならばブラックリストを消すことはできません。

信用情報機関のQ&Aなどを見ると下記のように記載があります。

  • JICC:登録されている情報が事実であれば削除することはできません。
  • CIC:登録内容が事実であれば、訂正・削除することはできません。
  • KSC:登録内容が事実に則している場合には、情報の訂正等はできません。

ただし、登録されている情報が間違えている場合は訂正できます。

登録内容が事実でない等のセンターの登録情報に関する苦情をセンターで受け付けた場合は、その情報の登録元の金融機関・会社に調査を依頼のうえ、後日、その結果を本人限定受取郵便(特例型)(簡易書留をご希望の場合は、簡易書留)でご本人にご連絡いたします。(引用:全銀協(KSC)

少し昔の話ですが、「ブラックリストを消します」という詐欺が流行りました。ブラックだとカードローンやクレジットカードの審査に通りませんし、住宅ローンにも申し込めません。

そんな人の心の弱みにつけ込んだ詐欺でした。金額も数万程度だったのでだまされた人も意外といたようです。

ブラックリストを消すことはできませんので騙されないでください。

審査落ちする原因「ホワイト」って何?

ホワイトというのは、先ほど説明したクレジットヒステリー(クレヒス)がまっしろな状態のことです。

クレヒスがまっしろな理由は2つ。

  • 現金主義
  • 自己破産などでクレジットカードが持てなかった

クレジットカードを使わないとクレヒスはつきません。

現金主義の人はスーパーホワイトと呼ばれています。そして自己破産などでクレジットカードが持てなかった人はホワイトと呼ばれます。

この区別は金融機関の審査担当者から見ても分かりません。分かるのはクレヒスがないことだけです。

ホワイトでも20代前半であれば、そこまで不利にはなりません。若いのでクレジットカードを持っていなくても不思議はないという考え方です。

ですが30代を過ぎても「今まで1枚もクレジットカードを持ったことがないのはおかしい」と判断されるようになります。

まとめ:開示請求してもデメリットはない

信用情報を開示しても審査に不利にならないことが分かって頂けたと思います。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. 照会をした履歴が残ると審査に不利になるのか
    →信用情報機関3社とも不利にならないと回答している
  2. 信用情報開示のやり方が分からない
    →CICでスマホで請求するやり方の解説
  3. 開示報告書の見方が分からない
    →最低限「異動」とクレヒスだけチェックする

現在、多重債務者なら3社全部、信用情報の開示をしましょう。手数料はかかりますがカードやローンの審査に落ちないためにも重要です。

現在、申し込みブラックや自己破産などの債務整理ブラックの人は消費者金融セントラルなら審査に通る可能性はあります。