ガス代を滞納するとガスはいつ止められるか
悩みがある人

・ガス料金を滞納したらいつ止められるの?
・ガスを止められた時の対処法は?
・ガス料金を滞納したまま引っ越したらどうなる?

このような悩みは、この記事を読めば解決します。

「ガス代が払えない!」

ガスを止められると困るのは大きく言えばこのふたつ。

  1. コンロが使えないので料理が作れない
  2. お風呂やシャワーが使えない

特に夏場にシャワーが浴びれないのは地獄ですよね。人と接する仕事とか最悪です。「あの人汚い」とか「臭う」とか絶対言われたくないです。

そんな悩みを抱えている人のために「ガス代の滞納して止められるまでの流れ」「ガス代を滞納した時の対処法」について説明していきます。

記事を読み終えたら、ガス代を滞納したらどう対応していけばいいのか分かります。

借金のせいでガス代すら払えず、毎月の借金返済額が収入の3割を超えている人は債務整理を検討したほうがいいでしょう。周りにバレずに借金問題を解決することが可能です。

ガス代を滞納してガスが止められるまでの流れ

「ガスはライフラインだから簡単には止められない」

と言いたいところですが、ガスも支払いが確認できなかったら簡単に止められます。

ガス事業は国から守られていないため水道や電気以上に滞納に関して厳しいと考えてください。

ガス会社はたくさんありますので、この記事では東京ガスや大阪ガスを中心に説明していきます。情報の根拠は公式サイトや東京ガス約款の情報などを元に書いていきます。

支払期限日:検針日の翌日から30日後

ガス代の最初の支払期日は検針日から30日後が一般的です。

東京ガス約款(支払期日)(抜粋:東京ガス約款「支払期日」)

この1回目の支払期日に支払いができないとガス代を滞納しているといえます。

この時点ではすぐにガスを止められることはありませんので安心してください。

大阪ガスの場合は支払期限を過ぎると「再請求書」が送付されます。

支払期限日後は延滞金がかかる

ガス代を滞納すると延滞料金がかかります。

東京ガスの場合の延滞料金は、その経過日数に応じて1日あたり0.0274%の率で算定した延滞利息がかかります。

ですが、東京ガスの約款に書いてある通り、滞納してから10日以内であれば延滞料金は免除されます

東京ガス約款(延滞料金について)(抜粋:東京ガス約款「延滞料金」)

たまたま口座にお金を入れるのを忘れていたて引き落としができなかった場合などもありますよね。

払込書の再発行も3営業日かかるので、滞納しても10日以内に支払いを済ませれば滞納扱いにならない優遇措置といった感じでしょう。

ガス供給停止予告書が届く

ガス代の支払が確認できないと、ガス供給停止予告書が届きます。

大阪ガス供給停止予告書(抜粋:大阪ガス「供給停止予告書」

「支払期限を過ぎていますので〇月〇日までに支払ってください。支払いが確認できない場合はガスの供給を停止させていただきます」という内容です。

「不在の場合でもガスを止めます」と書いてますので最終支払期限だけは守りましょう。

このガス供給停止予告書に記載されている供給停止予告日をすぎると、いつでもガスを止められる可能性があります。

ガス供給停止:検針日の翌日から50日後以降

検針日の翌日から50日を過ぎるとガスが止められます。日にちは若干ズレることはあります。

検針日の翌日から50日を経過してもガス料金をお支払いいただけない場合は、あらかじめお知らせのうえガスの供給を停止させていただくことがありますのでご注意ください。(引用:東京ガス

大阪ガス供給停止通知(抜粋:大阪ガス「供給停止通知」)

ここまでガス代を滞納してからガスが止められるまでの流れを説明しましたが、ガス会社によって多少違うところもありますがほぼ同じ流れです。

ガス会社によってはガスを止めるまでの期間がもう少し長く設定しているケースもありますので、自分の契約しているガス会社で確認してみるといいでしょう。

ガス供給停止からの再開方法

ガス代を滞納して止められたけど、またガスを使えるようにするにはどうすればいいでしょうか。

滞納したガス代を全額払う

ガスをまた使えるようにする方法は非常にシンプルです。

「滞納したガス代を全額支払い、ガス会社に連絡する」

これでガス供給再開してくれます。

ガス会社に連絡しないと再開しないケースも多いので、支払が済んだら必ず連絡してください。

ガス会社の公式サイトに「ガス供給再開の手続き」といったページから申し込むか、電話で申し込むかのどちらかの方法を選んでください。

急いでいる場合は、電話のほうが早くガス供給再開の作業をしてくれる可能性があります。

ガス供給停止予告書に書いてある電話番号に電話してください。

中小ガス会社の中には保証金が必要な場合もありますので注意が必要です。

滞納分を全額払えない場合は

ガス供給再開は原則として全額支払いをしないと再開しないというスタンスです。

ですが1ヶ月分だけでも払えば供給再開してくれるガス会社もあるので、1ヶ月分だけでも再開してくれないか相談してみることをおすすめします。

ガス会社によってはあまり相談に乗ってくれないケースもあります。

ガス会社で働いている私の知人は、2か月滞納がガスを止める基準になっていると話していました。1ヶ月分でも支払いが確認されればガスを再開すると。

これは本当にガス会社次第としか言えません。名前は出しませんが某プロパンガス会社は対応がかなり悪かったです。

ガスを止められて一番困るのはお風呂

ガスを止められて何が困るかというと、やはりお風呂ですよね。

ガスが止まっても電気があれば意外と対応できます。例えばこのふたつ。

  1. 電子レンジで温めた濡れタオルで体を拭く
  2. 電気ケトルやIHクッキングヒーターでお湯を沸かし、お風呂に貯めた水に入れ温度を調節する

電気も止められている場合や上記以外の方法なら

  1. ボディペーパーや水なしシャンプーを使う
  2. 銭湯やネットカフェのシャワーを利用
  3. 家族や友人などからお風呂を借りる
  4. 気合で水風呂、水シャワー

といったところでしょうか。

夏場なら水だけでもなんとかなりますが、冬場は水が冷たいので別の方法を考えたいですね。

それに、水だけでシャンプーすると何か髪がギシギシする気がするんですよね。あとで洗い流さないトリートメントが欲しくなります。

滞納したガス代を払ったらすぐにガスが使えるようになるのか

滞納していたガス代を支払ってからどれくらいの時間でガスが使えるようになるかは気になりますよね。というか死活問題。

東京ガスの場合を例に説明します。

東京ガス(ガス再開の手続き)(抜粋:東京ガス)

疑問①ガスが復旧するまでの時間

東京ガスはWEBからガス供給再開の手続きができます。

月曜から土曜日の15時までにWEBからガス供給再開の手続きをすれば、当日中にガスが使えるようになります

月曜から土曜日の15時以降だと、ガスが使えるようになるのは翌日の営業時間内になります。

東京ガスの営業時間は、月~土曜日は9時から19時、日祝日9時から17時です。

原則として、早くて当日、遅くても翌日にはガスが使えるようになります。

疑問②土日・夜間・連休中の場合は

東京ガスの場合は、土曜日は15時までにガス供給再開の手続きを済ませれば当日中に復旧します。

大阪ガスは土・日曜日は翌日にしかガスは復旧しません。

日曜日や夜間だと、ガス復旧は翌日の営業時間内となります。

連休中は最悪です。連休明けにしかガス供給再開できないので、盆や正月の間はガスが使えないままになるので気をつけてください。

疑問③立ち合いは必要か

基本的には、当日または翌日に作業員が訪問して供給再開の作業をします

東京ガスの場合、原則は立ち合いなしでもガスの供給再開はしてくれますが、「安全確認のため立ち合いが必要な場合がある」と記載していますね。

大阪ガスは下記ケースだと立ち合い必須になるようですね

下記のいずれかに該当する場合は、作業のお立会いをお願いいたします。
 ・オートロックマンションなど作業員が単独で敷地内に立ち入れない場合
 ・大型メーターを設置の場合

このように、住居形態などで立ち合いが必要なケースもありますので、必ずガス会社に確認してください。

ガス代を滞納したまま払わなかったらどうなるのか

ガス代を払いたいけど払えない。このまま滞納し続けるとどうなるのか気になりますよね。

こちらでは5つの疑問に答えていきます。

疑問①ガス会社から取り立てが来る?

ガス会社は利用者がガス代の滞納を続ける限り督促を続けます。

ガス会社によっては債権回収会社に債権回収依頼をするので、自宅に届く督促状がガス会社からではなく債権回収会社になることがあります。

ガス代を滞納しているなら債権回収会社から督促状がきてないかは必ずチェックしましょう。

中小のガス会社は自分の会社で取り立てを続けるケースも多いです。自宅に直接督促をするガス会社もあります。

疑問②ガス料金に時効はある?

ガス代を滞納しても2年間全く支払いをしなければ時効になります。民法173条でそのように決められています。

ですが自動的に時効になるわけではなく、時効の援用の手続きをする必要があります。ガス会社に内容証明郵便を送るだけなので手続き自体はそう難しくありません。

ガス会社はともかく、債権回収会社が時効にならないような行動を取ってくることは覚えておきましょう。

現在、ガス料金は2年間で時効ですが令和2年4月1日の民法改正で5年になります。長くなる分、ガス代の滞納を時効にするのは難しくなります。

疑問③裁判や差し押さえされる?

ガス会社が直接、裁判をしたり差し押さえをすることは聞いたことはありません。

ですがガス会社は督促をしても回収できない場合、債権回収会社に回収を委託するケースもあります。

こうなると債権回収会社から裁判や差し押さえされることはあります。時効を成立させないために訴訟をしてくることも考えられます。

疑問④ブラックリストになる?

ガス代を滞納したままでもブラックリストになることはありません

信用情報機関のJICCにも「公共料金や家賃保証、税金の延滞情報につきましてはJICCには登録されません」と記載されています。

クレジットカードの引き落としにしていて滞納した場合は、ブラックリストになるので注意してください。

疑問⑤滞納したまま引っ越しできる?

ここで気になるのは「ガス料金を滞納したままで引越ししたらどうなるか」ということでしょう。

引越し先で違うガス会社と契約すれば通常通りガスが使えます。同じガス会社であれば滞納分を払ってからでないとガスが使えません。

それに引っ越したからと言ってガス料金の支払い義務が消えるわけではありませんので、ガス代を滞納したままであればそのガス会社からの督促は続きます

新しい住所に督促状が届くこともあります。中小ガス会社なら追跡のために住民票を取得して住所を割り出すこともありますので。

まとめ:ガス代を滞納してもすぐに止められることはない

ガス料金を滞納してもしばらく猶予があることは分かって頂けたと思います。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. ガス料金を滞納したらいつ止められるの?
    →ガス会社にもよるが1回目の支払日から51日~70日程度
  2. ガスを止められた時の対処法は?
    →滞納分を全額支払いガス会社に連絡してガスを使えるようにしてもらう
    →1ヶ月分支払えばガス供給再開してくれるガス会社もある
  3. ガス料金を滞納したまま引っ越したらどうなる?
    →2年間支払いを逃げ続ければ時効になるが債権回収会社が転居先に督促してくる
    →最悪の場合は裁判や差し押さえされる

ガスを止められて一番つらいのはシャワーが使えないこと。

仕事から帰ってきてシャワー浴びようとしたらお湯が出ないとか最悪です。夏場にシャワーなしとか考えられません。

すでに返済できないほどの借金がある人は債務整理を検討してください。督促を止めることができ、周りにバレずに借金問題を解決できます。

~無料で相談できます~
※債務整理の依頼後は督促がピタッと止まります。